収益性
41
活発度
0
人気度
53
収益量
50
投稿量
55
注目度
50

61番目の男さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ49件目 / 全303件次へ »

海運売建はさすがに怖い。+建て増しと利確のポイント

チャートから見ると明らかに買われ過ぎ、というわけで海運を売り建ててみましたが、元々ボラティリティ高いのに加えて、BDI指数が連騰中。今日の指数も4106(前日比+425)ですし、明日はあえなく損切りかな~と思いながら見てます。まあエントリーの時点から超逆張りで危険なことは分かっていたので、1単位に抑えていますが。

さて、昨日のCSK-HDの利確は英断だったようです。これで今年の損益はプラスになりました(^^)/

このCSK-HDの利確に絡みますが、今の私の売買の研究として、建て増しと利確のポイントをうまく連動させよう、ということを試みてます。私が最近手掛けているのは業績悪い銘柄の売り建てスイングなので、売り側で説明してみますが、

1.トレンドが発生したと思ったら売り建て
2.トレンド継続かつ押し目の時に売り増し
 (私の場合、NYダウ高の朝に追加成行売り)
3.建て玉の利益が膨らんでいく場合、2を繰り返し
4.一番最近に建てた玉がマイナスになった場合、
  今まで建てた全てを利確

という感じです。

建て増しているポイントが押し目という前提で、直近に建てた玉がマイナスになれば、短期的にはトレンドが転換していると判断し利確します。最後の建て玉は利益を出すためではなくて、トレンド転換を見るためのものと常に割り切る感じですかね。心理的にも、押し目で建て増ししていくことで「今までの建て玉の利益は確保した」と考えることができ、心の余裕が生まれます。このルールに則っていれば「最初はトレンドを上手く捕まえて膨大な含み益があったんだけど、放っておいたら損になってしまった」なんてことは無くなるのでは?と思ってます。

この手法はなかなか使えそうなので、また試してみます。
登録日時:2009/06/02(23:17)

 通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

  •  通報する

    2009/06/06(10:50)
    こんにちはー^^

    >これで今年の損益はプラスになりました(^^)/
    おめでとさんです!継続して1年走りきりましょー(^^♪

    >最後の建て玉は利益を出すためではなくて、トレンド転換を見るためのものと常に割り切る感じですかね。

    私が売り切らないのも残りは値を確かめることに
    しか使ってないときもありますよん(笑)
    人は株を持ってないと価格チェックしませんしねぇ~

    よい週末を!(^^♪

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。