agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ13117件目 / 全25319件次へ »

資源・市況関連人気が継続・景気底入れ期待と需給妙味



住友金属鉱山(5713)、三菱商事(8058)、商船三井(9104・別項記事参照)が高値更新、国際石油開発帝石(1605・同)、新日本製鉄(5401・同)、新日本石油(5001)が高いなど資源・市況関連が高い。東証業種別値上がり率上位は鉱業、海運、鉄鋼、石油石炭、非鉄、卸(商社)と資源・市況関連が上位を独占している。
前日のNY市場で原油先物相場が4日続伸し、WTI期近7月物が1バレル65ドル台と約半年ぶりの高値を付け、一方で、バルチック海運指数が続伸するなど、ここ世界的な景気底入れ期待から資源価格が上昇。
新日鉄、国際帝石などカラ売りが増加している銘柄も多く、需給妙味も。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/05/29(10:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。