収益性
83
活発度
49
人気度
67
収益量
73
投稿量
100
注目度
88

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2183件目 / 全3060件次へ »

米銀一転、1兆ドルの穴 追加損失膨らみ楽観ムード後退

ストレステストの結果どうなんでしょう?

それにしても1兆円ではなく1兆ドルって凄い数字ですね。

影響なきゃいいですが・・・




米銀一転、1兆ドルの穴 追加損失膨らみ楽観ムード後退
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200904250017a.nwc

 米政府は米東部時間24日、米銀大手19行を対象にしたストレステスト(健全性審査)の暫定結果を各行に通知する。当初、大半の銀行は審査をクリアするとみられていたが、審査の前提となる経済環境は大きく悪化している。こうしたなか損失の穴埋めに総額1兆ドル(約97兆3400億円)もの追加資金が必要になるとの悲観論も浮上してきた。

 ストレステストの暫定結果は同日、米FRB(連邦準備制度理事会)高官から19行の経営トップに通知。外部への公表は審査の算定基準だけにとどめ、個別行ごとの審査結果公表は5月4日まで見合わせる。

 ≪アナリスト独自試算≫

 ストレステストは、失業率の急激な上昇やローンの返済遅滞による損失拡大など、今後2年間の経済環境が当初の想定以上に大きく悪化。銀行経営に対する楽観ムードは後退している。

 金融分野の調査で定評のあるキーフ・ブリュイェット&ウッズ(KBW)のフレデリク・カノン氏らアナリストは、独自に米銀に対するストレステストを実施した。それによると米金融業界はストレステストの結果、総額1兆ドル規模の資金調達を迫られ、株式発行や政府保有優先株から普通株への転換、公的資金の追加投入申請などの手を打たざるを得なくなるという。

 すでに2度にわたる政府支援を受けているBOA(バンク・オブ・アメリカ)についてカノン氏は、テストに合格する公算は大きいが、財務強化のため150億~200億ドルの優先株を普通株に転換するよう政府に指導される可能性があると指摘。JPモルガン・チェースは問題債権購入計画(TARP)に基づき受け取った公的資金返済に動きつつ100億ドルの追加資金を民間からの調達を目指す見通しだ。

 ワコビアの買収で今年1~3月期(第1四半期)に住宅金融最大手となったウェルスファーゴは、新規の調達分として250億ドル相当を、政府に対する公的資金返済分として250億ドルを調達する必要があるという。

 一方、不動産融資の比率が高い大手地銀のストレステストの結果はさらに厳しそうだ。不動産調査会社リアル・キャピタル・アナリティクスによると、商業用不動産関連融資の焦げ付きは昨年末の460億ドルからわずか3カ月でに659億ドルと、43%も増加している。

 ホー・バーンズ・ホッファー&アネットの調査部長、ジェフ・デイビス氏は、オハイオ州の大手地銀フィフス・サード・バンコープやアラバマ州のリージョンズ・フィナンシャル・コープは不動産・建設関連の融資比率が高すぎると指摘した。

 ≪二の足踏む投資家≫

 オッペンハイマーの元アナリストで、米銀株の下落を正しく予見したメレディス・ホイットニー氏もブルームバーグテレビの取材で「中核的自己資本(コアキャピタル)に対する商業用不動産向け貸し出し比率が非常に高い多くの地銀は、ストレステスト合格は難しくなっている」との見方を示した。

 FRBは来月の最終審査結果の公表に合わせ、資本増強が必要な銀行に対し、資本増強に向けた具体的な計画を開示するよう要請する可能性がある。

 しかし、ブルームバーグの1~3月期決算分析では米銀大手13行の不良資産は平均で1年前に比べて169%増加しており、資金調達で投資家を説得するのは困難になるかもしれない。

 ルネッサンス・ファイナンシャル(運用資産16億ドル)のマネジング・ディレクター、ダグラス・シオカ氏は「金融機関への投資には本当に気が進まない。不透明性の高さが投資機会を圧倒している」と指摘した。(Andrew Frye、Linda Shen)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    金融 米国
登録日時:2009/04/25(19:52)

 通報する

このブログへのコメント

1~6件 / 全6件

  •  通報する

    2009/04/25(22:59)
    こんばんは。

    1兆ドルでもかなり押さえた数字だと思うのですが、米国政府がまともな発表をするのか信じがたいです。

    最近の米銀の好決算発表も政府がやらせたとの説がありますし、全く信用できない状況です。
  •  通報する

    2009/04/25(23:48)
    全てを開け広げにすると、粉飾決算の奨励を進んでやった意味が無くなります
    この記事が真実に近いでしょう

    まあこの粉飾奨励も、悪意ではなく、
    「嘘であっても、金融市場を上ブレさせて、収益を挙げやすくする」

    という、裏技だと思ってますが


    先出しの悪材料は、市場に影響を与えないパターンが多い
    ストレステストは、値下がりタイミングにはならぬ気がします
  •  通報する

    2009/04/26(10:51)
    Newジェントルマンさん

    こんにちわ

    >米国政府がまともな発表をするのか信じがたいです。

    ポイントはここですね
    多く言うわけないからまだまだ隠れていると疑いたくもなります
  •  通報する

    2009/04/26(10:53)
    はんちくさん 

    こんにちわ

    >粉飾決算の奨励を進んでやった意味が無くなります

    ははは。
    やっぱそこですよね。

    >ストレステストは、値下がりタイミングにはならぬ気がします

    内容次第でしょうね。
    ボチボチならむしろ値上がり材料になったりしてw
  •  通報する

    2009/04/27(00:33)
    会計基準緩和して決算を良く見せるのは
    誤魔化しですよね

     【ワシントン24日時事】
    米連邦預金保険公社(FDIC)は24日、カリフォルニア州のファースト・バンク・オブ・ビバリーヒルズなど地銀4行が経営破綻(はたん)したと発表した。
    深刻な景気後退や金融混乱を背景に銀行の経営は苦しく、2009年に入ってからの破綻はこれで合計29行。
    4カ月足らずで08年全体の25行を抜いた。 
  •  通報する

    2009/04/27(12:43)
    ヨロさん こんにちわ

    >誤魔化しですよね

    国家ぐるみの粉飾といわれてもおかしくないかもw

    それにしても銀行の倒産多すぎますよね

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。