tetsuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1832件目 / 全2589件次へ »

日経平均、08年度の下落率は35% 8年ぶりの大きさ

過去の分析は必要だが、過去の反省をするくらいなら新しい
年度の幕開けに向けてビジョンを描きましょう。
(負け犬の遠吠え…)

以下NIKKEI NETより
31日の東京株式市場で日経平均株価の終値は8109円53銭となり、2007年度の最終日だった08年3月31日の終値(1万2525円54銭)と比べて35.3%下落した。年度ベースでの日経平均の下落は2年連続。下落率は2000年度(36.1%)以来、8年ぶりの大きさだった。08年9月の米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻以降、世界的に金融システム不安や景気後退への警戒感が膨らみ、外国人投資家を中心に日本株売りが進んだことが響いた。
 海外での売り上げの急減に加え、外国為替市場での円高・ドル安の進行で自動車や家電などを中心に輸出企業の業績が急速に悪化したことも売りを誘った。10日には1982年10月6日(6974円35銭)以来の安値となる7054円98銭まで下落した。
 東証株価指数(TOPIX)の終値は773.66で、07年度の最終日(1212.96)と比べて36.2%下落した。東証によれば年度ベースの騰落率をさかのぼることができる1950年度以降、最大の下落率だった。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/31(17:11)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。