akkiiさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1335件目 / 全3489件次へ »

機動戦士ガンダム00 #23『命の華』

リボちゃん、ドタマぶち抜かれたんですね。
笑うリジェネがキューティー。ティエリア顔で大笑い。
ちなみに、血の出たリボンズは偽物で、モノホンは意識をベーダに直結させていたそうな。マリアンヌ!
リジェネはアリーちゃんに撃たれてあっけなくお陀仏。ちーん。
とにかく、役者も揃ったようですね。

話は宇宙に。

『遅いんだよ、ガンダム』

おい、ヘタレ!ちゃんとまともな機体に乗りなさい。
思ったんだけど、輸送艦ってそんなに強いの?
とにかく、連邦+カタロン+CBの総攻撃+マネキン大佐の超絶ツンデレでアローズの戦力を分断。
しかし・・・それを上行くとんでもない威力の光線が・・・敵味方を粉砕。第2射もあるようだ。
で、光学迷彩を解除したイノベータの母艦というかなんというか・・・。
その名も

コロニー型外宇宙航行母艦『ソレスタル・ビーイング』

そして、ベーダを奪還するため、世界をぐちゃぐちゃにしてしまったことに対するケジメをつけるためにスメラギさんとリボンズの最終決戦。スメラギさん、目立ちすぎですね(笑)。
とにかく、スメラギさんの戦略がフル展開。ガンダムも総攻撃
そんでもって大型砲台をよけ・・・何かリボンズの笑みが不気味。

『なかなかやるねぇ』

余裕のリボンズ。無茶苦茶な数のMS部隊。作ったのは・・・ポニー!
トランザムも込みです。サービス・サービス!
かなりのピンチに・・・カタロン艦隊とツンデレ大佐の総バックアップ。
しかし、敵の物量も凄まじく・・・。

『俺の大佐に手を出すな!』

『パトリック!』

『大好きです、カティ!』

不死身の男、不死身だったはずが、カティをかばって命を散らしました。
普段はヘタレのくせに、何でかっこいいんだろう・・・。
今は生きていることを心から祈るしかありません。
でも、そんな犠牲もあり、トレミーも母艦に到着。
オートマトン+MSが総攻撃。
そんでもってルイスや息子スミルノフ、アリー・アル・サーシェスが迎撃。
0ガンダムに乗っているのはラッセ。

一方のティエリア。
トランザムの敵にあっけなくぼこぼこ。

弟ロックオンは宿命の相手と対決。

スメラギさんは侵入してきたポニーと対決。

因縁の対決が多い中、刹那&サジくんはルイスのアレとドンパチ。

『僕たちは分かりあうことで、未来を築くんだ』

さて、ボコボコになったはずのティエリアはベーダの中枢に。
やっと彼の本領が発揮か。
ん?グラハムさん、今日は出てきませんでしたね。別の人に乗り移ってしゃべっていたようですが(笑)。
ストーリーも佳境。あと2話でどう決着つくのかしら。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/15(17:36)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。