agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14822件目 / 全25319件次へ »

バルスがストップ安・自社株買いに不透明感



バルス(2738)がストップ安。
10年1月期営業利益は主力の雑貨店「フランフラン」の好調から前期比6.1%増の34億7000万円の見通しとともに、同社株4.3%を保有する三菱商事との提携関係を強化すると発表した。三菱商事に新たに高島郁夫社長の保有分から約1%の株式を譲渡し、海外での事業展開や商品調達などでバックアップ体制を強めるもの。
ただ、売られているのは自社株買いに不透明感があったためのようだ。
同社は3日、3月10日~31日の間に8500株、10億円を上限とする自社株取得枠を設定すると発表した。
9日には8500株の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)による自己株式の買付けを実施するとともに、高島郁夫社長が保有する当社株式について、自己株式の取得に応じる旨の合意を得ていると発表した。
10日に8060株の自己株式立会外買付取引を実施したと発表した。マーケットでは「会社側が高島社長の持ち株を取得したのではないか」という観測が流れたが、どこから株式を取得したかについて会社側に電話取材したところ、「発表した以外は明らかにできない」とコメントしている。
バルスの株価は9時46分現在7万8200円(▼1万円)ストップ安。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/03/10(10:36)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。