agawaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ15070件目 / 全25319件次へ »

新興系不動産関連が高い・風説に対しての通報も



アトリウム(8993)がストップ高と東証1部値上がり率1位、ゼクス(8913)、サンフロンティア不動産(8934)、ケネディクス(4321)が値上がり率上位に飛び出すなど、前日に続いて新興系不動産関連が高い。
不動産市況悪化から新興系不動産関連の経営破綻が相次ぎ、関連銘柄も売られてきたが、ここにきて3月期末接近から借り株の買い戻しの動きも出ているようだ。
なお、アトリウムが「一部のインターネット掲示板において、当社が東京証券取引所の記者ルームを予約した旨の投稿がありましたが、そういった事実は一切ございません。また、当該投稿は風説の流布に該当するものと考えており、当社からは証券取引等監視委員会に通報するとともに、掲示板の運営者に対して投稿の削除を求めております」とのコメントを出した。
「期末接近で風説に対して各企業がよりナーバスになってきたようだ。一方で、風説を流してでも売り崩そうという売り方が出てきているのかもしれないが、なかなか下がらず、焦っているのではないか。需給調整がほぼ一巡していることも再確認できたということだろう」との声。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/02/26(14:17)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。