COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ484件目 / 全1258件次へ »

平成20年3月期有価証券報告書の重点審査結果について

金融庁から2月13日に発表された内容。
何気に興味深い!

開示上重要な事項や法令改正により記載内容が追加された事項等に関して、重点的に有価証券報告書の記載内容を審査するもので、3,148社に対する重点審査の結果が公表されている。


重点審査は、前回の平成19年3月期重点審査において不十分な開示を行った会社が特に多かった
・株式の総数等
・配当政策
・コーポレート・ガバナンスの状況
+平成19年4月1日以後に開始する連結会計年度等から開示が義務付けられた、開示対象特別目的会社の概要や取引金額等の実態把握及び記載内容の審査が中心の模様。


◆審査結果等の概要
685社(調査票提出会社の約21.8%)に記載不備
但し、前回重点審査において審査項目としていた3項目については、それぞれ改善が認められた。

+
開示対象特別目的会社に係る審査結果等
(1)開示対象特別目的会社の実態
・開示対象特別目的会社の主な法形態は、株式会社、特例有限会社、合同会社、資産流動化法上の特定目的会社又はケイマン諸島に設立された法人。
・開示対象特別目的会社との主な取引の目的は、不動産又は金銭債権の流動化。


詳細はこちら↓
http://www.fsa.go.jp/policy/m_con/20090213-2.html
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    開示 企業
登録日時:2009/02/19(19:08)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。