収益性
48
活発度
0
人気度
50
収益量
50
投稿量
59
注目度
49

まくらさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ201件目 / 全486件次へ »
ブログ

2009年抱負というか、展望

明日は、大発会。今年の相場展望というか、ちょっと長めの予想を立てて見よう。

日本市場が終わってから、ダウは3連騰。CMEはかなり飛ばしている。上げてスタート…は誰でも判る。日経も12月下旬は、底固かったが、ダウの上げも似たような要因だろう。つまりは、ファンドの売り圧力低下による需給相場。出来高の低さを考えれば、そう考えるのが普通。
1月のメインイベントは、なんといってもオバマ就任。新たな景気対策発表何て言われれば、需給相場の継続で、暫く上値を追うのかなと言う気になってくる。

一方、GMを始めとする自動車産業問題が解決したわけではない。年末の緊急融資は、オバマ政権への問題丸投げに他ならず、果たして、自動車労組がリストラに応じるのか?応じたら応じたで、米の購買力下がるんじゃないの?の不安がある。
米の財政出動も、金融機関への注入を始め、GM救済+GM金融会社の救済、新たな景気対策…結構な額を垂れ流しており、ドル暴落(=円高)の危険性をはらんでいる。
米国債の格下げは無いと思うが(これやられたら、サブプライム所の規模じゃない)、ジャブジャブにあふれたドルが暴れだすのは、ほぼ間違いないだろう(理想としては、次のバブルを生み出してそちらへの誘導何だけどw)。

超短期的には上げ、後は実体経済の悪さ+GM問題解決具合のにらめっこ。もっと長期に見れば、株価よりも為替、債券が(悪い意味での)主役となりそうな予感である。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん (603.25point)
    2009/01/04(18:41)
    あけましておめでとうございます。

    戦争ごっこをイスラエルがして武器を輸出できる米国はいいですね。おかげで原油が上がり、円安に。日本にとってはあまりい話でないが、トヨタなどは喜んでいるんでしょう。
    内需に舵取りし、ぼろぼろの首都高や山陽新幹線のトンネルを直すのが先でしょう。サンフランシスコやロスの高速の橋もぼろぼろでした。いくらでも内需があります。日米とも国債増発して景気をよくすればインフレになり、利払い気にせず帳消しになります。デフレはきついです。
  • イメージ
    まくらさん (-14.13point)
    2009/01/05(19:29)
    明けましておめでとうございます。

    >戦争ごっこをイスラエルがして武器を輸出できる米国はいいですね。
    あまりにも、なタイミングでの紛争でした。思わず、裏でイスラエルにGOサイン出してるんじゃないかと思っちゃうぐらい。

    被害を受けるパレスチナはたまった者ではありませんが。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。