証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

あるスイングトレーダーの失敗談

 俺のことw

 (俺は基本的に、市況帯同型の優良企業の銘柄の売り買いをしている。日経先物を取引するのとあまり変わらない感じ。)
元金500万程度の信用取引においての話として読んで下さい。

 失敗すべくして失敗した話。

 
 小さな失敗は、星の数ほどある。マシンガンのごとき損切り履歴の数々・・。
 中には大きな損切りが多数ある。-60万、-58万、-40万、-38万、・・・。幸い損切り記録の上位に3桁はないが、小銭とは言えないマイナス。

 中でも一番愚かな失敗。

 「相場読みに過信があったことが裏目に」

 かなり前の話。

 割と、自分の市況読みの精度は高いと自負していた。
 「下げ転化濃厚」という自分なりの見立ての中、自分なりのベストタイミングで売り玉を仕込んだ。いきなり信用余力3分の2のぶち込み。
 ところがその夜、何故か米市場が急続伸。寄り付きいきなり-60万を負う事となった。日中の動きも強い。
 大きなマイナスを負うと、「上げ基調はまだ続くのかも・・」と、自分の見立ての信憑性に弱気を挟む声が出てくるもの。最近の市況と違い、さらに上に行く展開だってないわけじゃなかった。
 読みが外れて、もう一段昇られて座られると、100万超の含み損と付き合わねばならない。

 俺は、アナリストや証券会社を信用していないが、自分自身も信用していないw
 
 いきなり大仕込みに出た自分の愚を悔やみ、即日返済。再度仕込み直す気も失せてしまった。

 しかし、結局下げ相場の見立ては正解。仕込みの価格を大きく超えて落ちて行った。ただそれを眺めるだけ。

 最初の仕込みを打診程度にしていれば、-10万程度を負いつつ、3段階程度、自分の見立てを試すことが出来た。たとえ翌日続伸されても、-30万も行かない。
 結局、この-60万は、ポジション取りをうまくやっていれば取れたはずの100万を入れると、潜在的なー160万の損失となる。それ以上だったかもしれない。

 「相場読みが大はずれした時」は、さっぱりしたものだが、こういう負けは、精神的ダメージを伴う。

 チャンスと思っても、いきなり大きく出てはいけない。中期的方向の見立てが正しくとも、1日単位の値動きは不確実なもの。
 初動に成功すると、「最初からもっと大きく張っていれば・・・」と思うものだが、それは結果論。いきなりの大勝負は、1回でも逆の動きが挟まるだけで窮地に陥る。

 チャンスと思ったときほど、慎重にポジションを作るようになった。
 不確実な日計りの動きを制するには、計画的なポジション構築をせねばならない。
 適当な仕込みで、一度でも思惑が狂うと、そのチャンスすら逸してしまう。


 先々週の5連騰相場を見て思い出したので書いてみた。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/12/07(15:28)

通報する

このブログへのコメント

1~14件 / 全14件

  • 通報する

    2008/12/07(16:48)
    こんにちは。

    貴重な経験ですね。

    今の相場には特に役に立つお話と思います。

    ありがとうございました。
  • 通報する

    2008/12/07(16:55)
    >Newジェントルマンさん

     こんにちは

     「一度は痛い目を見ないと」わからないものです。

     この失敗の前に、「初回大仕込みの成功経験」が隠れています。

     「失敗経験は宝、成功経験は毒(になることもある)」ということが如実に出てます。

     相場読みなど、すべて当てるのはどだい無理な話。

     「外れた場合」へのケアが大事だと思います。
  • 通報する

    2008/12/07(17:43)
    本当にためになる話、ありがとうございますm(__)m

    自分もリーマン破綻の時、FXでドル/円をショートしていました。破綻の直後、もの凄い勢いでドルが上昇。あまりの勢いにひるんだ自分はロスカットしてしまいました。しかし、結局は大きく円高に振れていきました。自分の読みは間違っていなかったのに・・・、もっと冷静でいられるくらいのポジションにしておけば良かったと何度も後悔しました。

    「失敗経験は宝、成功経験は毒」、1日間違うと痛い目をみる今の相場環境だから、この言葉を決して忘れずにいたいものだと思いました。
  • 通報する

    2008/12/07(17:54)
    >かっぴさん

     こんにちは

     往々にして、故意に逆方向に相場を動かす連中がいます。しかしそれは嘘の方向なので、いずれ修正されます。

     ノーポジションか、小さいポジションであれば、冷静な判断ができますが、「含み損ー50万」とかを見ると、翌日のー100万に対する恐怖が沸いてきて、ポジションを解除したくなってしまう。
     ー50万の段階では、通常の損切りの基準値は飛び越えてしまってますし。

     相場は、「出足を安全に踏むこと」が最も大事なのだと痛感しました。

     悪い成功経験と良い成功経験がありますからね。
     「たまたまの勝利」は、忘れてしまうことが一番だと思います。
  • 通報する

    2008/12/07(21:08)
    こんにちは。

    ポジション取りって結構難しいですよね。
    まともに出来るようになるまで、3年かかりました(笑)

    はんちくさんは、この出来事だけで?気付けた訳ですから大した方です。

    出来れば沢山の人が、この記事を読んで勉強してもらえるといいですね。
  • 通報する

    2008/12/07(21:33)
    こんばんは

    あるある、過熱感あるし、天井圏だと思って売ったら、踏み上げられて、怖くなって損ギリしたら、下げだして結局お金捨てた経験は私もあります。

    私は相場環境を考えて、買うときは投資資金の20%、50%、70%などそのつど考えてます。
  • 通報する

    2008/12/07(21:39)
    >ヒナタさん

     こんにちは

     見立てが正しくても、ポジ取りを間違うと利益が出ない。底や天井でピッタリ売り買いなど出来ませんしね。
     これからもずっと修行せねばなりません。

     他にも多数失敗はありますけどね。一番酷い失敗を抜いてみました。

     読んでくれた人には
     「とりあえず無茶すんな」
     という教訓が伝わればよいですw
  • 通報する

    2008/12/07(21:47)
    >ママウサギさん

     こんばんは

     僕の場合、天井で売り、底で買いはしません。これは、一旦下りから戻ったところでの売りでした。去年の話です。

     原因は全て「いきなりデカく行った」ことなんです。

     僕の場合、チャンス相場では、余力MAXまで行きます。もちろんいきなりは行かないで3・4段階に分けますが。
     (あとで成功の日記も書こうと思ってます。)

     あの時は、リスクのコントロールが出来ていなかった。

     慢心もいいところです。


     踏まれて投げる売り方は「高値掴みの買い手」になりがちなんですよね。
     買いで損するより、数倍かっこ悪いw

     そういう面もあり、売り方でのINは買いの倍慎重にしてます。
  • 通報する

    2008/12/07(22:50)
    勉強になります。

    楽天の野村監督の言葉に
    『勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし』
    ってのがあるそうです。

    勝っても負けても、反省は必要ですね
  • 通報する

    2008/12/07(22:57)
    >志向作吾さん

     こんばんは

     さすがノムさんですね。負けるには、必ず理由と原因がある。それを埋めていく努力をすることが大事と。

     「勝ちの反省」も大事です。何で勝ったかをしっかり理解しないと、次の勝ちにつながらない。

     
     その他多くの損切りは、「早すぎ、遅すぎ、読み違え」の、完全なる負けトレードです。全て、それぞれ原因がある。
     「何で負けたか、勝ったか」は、相場をやる限りずっと考え続けたいです。
     

     
  • 通報する

    2008/12/07(23:44)
    とても勉強になりましたm(__)m
    やっぱりはんちくさんはすごい方ですね。
    気がつくのも早いですし。

    読ませてもらって、私は失敗の見直しがちゃんとできてないか、足りないのかも、って思いました。
    もっと自分と向き合ってみます★

    チャンスの時でも、3・4回に分けるんですねー!
    なるほどです。
  • 通報する

    2008/12/07(23:59)
    >ひよこさん

     こんばんは

     この失敗は、反省以前の問題だけどねw 有り得ない凡プレー。

     読み違えて負けた場合は、ファンダの解釈、需給の具合を考え直す。
     ポジション取りのマズさで負けたときは、それを調整する。

     負け率は減ったけど、絶対0にはならない。

     「大きな損失を出さずを優先し、大きく利益を出すことも目指す」という結果が、

     「チャンスでも出足は控えめな出動」

     になりました。

     一回大勝負でうまくいくと、調子に乗ってしまう。初心者抜け手前くらいだったから、特にそうでしたw

     もう二度と同じ事をしなければいい。
  • 通報する

    2008/12/08(16:52)
    含蓄のある日記をゆっくり読ませていただきました。
    私が次に克服しなければならないのがまさにこの問題です。

    現在 225 mini で玉建て修行中でございます。
    玉の建て方に関する資料は少ないので実弾射撃訓練です。
  • 通報する

    2008/12/08(18:51)
    〉なりゆきさん

    こんにちは

    指数先物は、完全にファンダと需給の世界です

    個別銘柄とはまた違う立ち回りが必要でしょう

    口座はありますが、いじってません

    やられて、取り返して、自分自身でスタイルを作るしかありません

    負けてもタダで終わらない姿勢が大事だと思います

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+0.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

64.7 35.3
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ