COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ649件目 / 全1258件次へ »

為替レートの開示の記事

今朝の日経@16面

◆為替レート急変 開示に知恵絞る
 想定水準こまめに修正
 予約反映後のレート公表も

ここ最近の為替レート急変での各社の為替レートの開示に関して、対応方法などが出ている。
ソニーは経営企画部門で下期想定レートは足元の為替レートを勘案して決算発表に備えていたとのこと。
ただ、発表直前に変動(円高の急速な加速)で、発表当日にはかなりの円高に。予算を組みなおす時間がないという事で、緊急対応として足元の為替水準の場合、というのを別に決算発表で開示。

コマツでは為替に関しては発表日の2,3日前のレートを採用する、という主義らしい。

ホンダは四半期ごとに業績予想修正と共に見直ししていて、直前の四半期の水準に足元の動きを加味。
こまめな修正で大幅な業績修正を避けている。

DICは想定レートを公表。

日立建機は為替予約を反映したレートを公表。予約を反映することで、経常利益への為替影響額の判断材料となるとの考え。

確かに最近のグローバル企業は為替の影響で大きく業績がぶれるので、為替に関する企業の考え方の開示にも関心を持っていたいものだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    為替 開示 企業 記事
登録日時:2008/12/02(09:22)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/12/07(11:16)
    こんにちはーCOTOSSAさん

    これだけぶれる為替だと
    決算開示にもかなりぶれがでてるような(^^ゞ
    でもでもよく考えると
    決算がそのときの為替レートだけで
    評価できるものでもないってのもありますしね☆
  •  通報する

    2008/12/07(13:44)
    >みやまな鉄砲長さん


    こんにちは。

    >これだけぶれる為替だと
    決算開示にもかなりぶれがでてるような(^^ゞ

    そうですねー
    為替が大きく関連する企業だと、実績値だけではなく、通期見通しにおいても大きく影響してくるところがあるので、なかなか難しいなーと思います。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。