証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

WEBさんのブログ

最新一覧へ

システムトレード 複利年率

今まで複利運用の年率の算出方法に苦戦していました。


詳しく調べないと分からないので、年毎の成績を見てみました。






年度:最終純利益(万)/年間利益率(%)
1990: 25/16.95
1991: 15/ 8.75
1992: -7/-3.90
1993: 61/33.77
1994: -8/-3.63
1995: 40/17.16
1996: 131/47.66
1997: 309/75.66
1998: 711/99.06
1999:1665/116.49
2000:1582/51.14
2001: 440/ 9.42
2002:2473/48.32
2003:1218/16.05
2004:2019/22.93
2005:6854/63.30
2006:3297/18.65
2007:3995/19.04
2008/9:36227/145.04
平均年率:42.20%





見づらいですね。

注目してほしいのが平均年率42.20%です。




これが「複利運用での年毎の平均利益率」で、この値を最終的に出た最終利益額6億1055万から算出された平均年利益率37%が超えることはないと言いたかったのです。



何とか理論値通りの値が出てほっとしています。





そして、実は大事なのはここからだったりします。





最終的な利益額を最も大きくするために必要なことは
「平均年率を大きくすること」
ではないのです。


確かに年率が大きくなればその分利益が大きくなりますが、複利運用はいわば掛け算(単利は足し算)なので、一度でも0があると合計金額は0になってしまいます。
(例:180*560*120*0=0
180+560+120+0=860)

ということで、複利運用にあたって最も重視する部分は「平均年率」ではなく、「最低年率」と「マイナス年率の頻度」でしょうか?




特に前者の「最低年率」は重要で、一年でも-80%超えしてしまうようなストラテジーは、いかに「高平均年率ストラテジー」であっても複利運用においては価値がないと思っています。

といっても「最低利益率が極端に少ない高平均年率ストラテジー」を自分の資産の少ない割合で運用すれば、もし仮にそのストラテジーでマイナス利益率である年がやってきた場合に他のストラテジーでカバーすればいいだけなので、結局、どのストラテジーについても言えることですが、使い方次第ってことでしょうか。



なので、正確な書き方をすると、

一年でも-80%超えしてしまうような『複合』ストラテジーは、いかに「高平均年率『複合』ストラテジー」であっても複利運用においては価値がない(と思っている)

になります。





さて、今回の私のストラテジーでは最低年率が-3.90%と低水準だったので、最終利益が大幅に改善されたのだと思います。



ちなみに単利での平均年率は最大で88.98%、最低で-5.65%
、勝率は94.73%で19年間で1年だけ負けていました。
年間でマイナスの年があるのは問題ですね。




それと、前回の一か月毎の勝率が66.96%についてですが、実は一度もトレードのない月は勝ってもいないが負けてもいないわけで、それを勝ちに入れると勝率76.33%になります。


それでも勝率80%にはならないですが。
登録日時:2008/12/01(14:56)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
売り優勢
+0.5%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

65.0 35.0
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ