収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
49
注目度
50

Raguelさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ358件目 / 全748件次へ »

謙虚さが足りないビッグスリー

8cce6eed6 D813b7530 922c052ba 


クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m ランキング参加中専用ジェット機に批判集中 米ビッグ3救済めぐる公聴会(asahi.com 11月20日13時45分)【ワシントン=西崎香】「専用ジェット機で乗り付ける人たちが、税金に支えられた政府支援を求めている」――米議会で19日に開かれた米自動車業界の救済をめぐる公聴会で、経営難を訴えた自動車大手3社のトップに議員の批判が続いた。米社会には安易な企業救済への反対が根強く、法案審議は難航している。 米議会は大手ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーター、クライスラーなどへの計250億ドル(約2兆4千億円)の救済融資を審議中。下院金融委員会で経営危機の解消策が必要と訴えた各社の最高経営責任者(CEO)に対し、議員からは「専用の高級ジェット機でワシントンに来て『経営合理化に努める』と説明するのは、山高帽とタキシード姿で貧者向けの給食施設を訪れるようなものだ」などと、リストラ努力の不足を批判する声が出た。 各社のCEOは「劇的に経営効率を改善している」(GM)、「05年末以降、50億ドル(約4800億円)のコストを削った」(フォード)などと釈明したが、満足しない議員は「専用機を売って、帰りは一般の旅客便に乗り換えるという人は手を挙げて」と詰問。反応がないと、「議事録には『挙手なし』と記録」とたたみかける場面も。 議会には、各社がコスト削減や技術改良を怠り、自ら経営難を招いたとの不満が強い。法案にも、救済の見返りに、経営幹部の高額ボーナスや退職金の一部を禁じる条項が盛り込まれた。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/11/20(21:18)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。