株式投資 初心者入門講座実践しながら学ぶ

31.インサイダー取引とは

ひとこと解説
  • 規制の対象者(会社関係者)が株価に影響を与えるような重要事実を知りつつ、その情報が公開される前にその会社の株券などを売買すること
  • 会社の関係者とはその会社の役員や、社員、パートタイマー、アルバイトなど
詳しく解説
 規制の対象者(会社関係者)が重要事実を知りつつ、その情報が公開される前にその会社の株券などの売買を行うことです。とはいってもどれが重要事実にあたるのか一般人には分かりません。
この重要事実とは、会社の運営、業務または財産に関する情報のことで、具体的には
重要事実重要事実
1合併・会社の分割6業務提携
2株式の分割7業務の上方修正、下方修正
3資本の減少、自己株式の取得8利益の配当
4新製品や新技術の事業化9業務上で発生した損害
5事業の譲渡、譲り受け10訴訟の発生・判決
などが重要事実にあたります。
 重要事実の公表について、上場会社の役員などが、重要事実を2つ以上の報道機関(新聞社、通信社、放送事業者)に公開してから、12時間以上の期間が経って初めて公表されたことになるなどの決まりがあります。
いくつか公表されたことになる基準について、いくつか表にまとめました。
重要事実の公表について
適時開示情報閲覧サービス(TD-net)
2つ以上の報道機関に公開して12時間経過する
金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)で閲覧可能となること
金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)で閲覧可能となること
 ちなみに会社関係者とは、その会社の役員や、社員、パートタイマー、アルバイトなどが該当します。このインサイダー取引は、多い年で数十件程度摘発されています。インサイダー取引は金融商品取引法という法律で固く禁じられているのです。
関連キーワード
インサイダー取引
適時開示情報閲覧サービス(TD-net)
電子開示システム(EDINET)
31.インサイダー取引とは

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    SBI証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 人気NO1!利用者数も300万口座
    • NISA口座開設数断トツの50万口座を獲得
    • セミナーも充実しており、他社を圧倒する本数、20代女性を意識したセミナーが豊富
    • 株式初心者向けの投資基礎講座などのコンテンツも充実
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    カブドットコム証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 三菱UFJグループだからこその安心感とサポート体制
    • 50歳以上を対象とした「シニア割引」や、女性を対象とした「女子割」が好評
    • 手数料無料の投資信託が200本以上、投資信託の安さはピカイチ
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    ライブスター証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 画面がシンプルで、高齢者や初心者でも使いやすい
    • 操作方法が分からなくても、毎月セミナーで株式の売買の仕方を徹底レクチャー
    • 1回単位の取引手数料で>驚異的な安さ現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円