25.アメリカのNYダウで株価は動く

ひとこと解説
  • ニューヨークダウは、日本も含め世界中の市場に影響を与える株価指数
  • 世界を代表する30銘柄で算出(コカコーラ、ボーイング、ウォルト ディズニーなど)
詳しく解説
 「NYダウ」とは、アメリカの世界を代表するさまざまな業種の代表的な30銘柄から平均株価をリアルタイムで算出した指数。日本では「ダウ平均」、「NYダウ」、「ダウ工業株30種」などと呼ばれています。
 「NYダウ」の特徴は、30銘柄のみで構成されています。一方、日経平均株価の構成銘柄は225銘柄ですから、いかに銘柄が少ないかが分かります。構成銘柄は、コカ・コーラの製造、販売を行う「コカコーラ」や、ANAやJAL向けに飛行機の製造を担っている「ボーイング」、ディズニーや、くまのプーさん、アナと雪の女王などの映画製作を手がける「ウォルト ディズニー」、などアメリカを代表する世界の名だたる企業が軒を連ねています。
 また、ニューヨーク証券取引全体の時価総額は日本の東証1部全体の約4倍の時価総額を誇っており、日本円に換算した場合約1973兆円を誇っています。さらにそのうちの30銘柄で構成されている「NYダウ」の時価総額も、日本の東証1部全構成1817銘柄の時価総額は456 兆円(14年8月1日時点)を上回ると言われていますので、いかにアメリカの影響力が大きいかが分かります。
 このような巨大企業が名を連ねるアメリカの「NYダウ」は、日本を含め世界中の株価に影響を与えています。ニューヨーク証券取引所の取引終了時間は日本時間の朝6時。つまり、「NYダウ」の影響がそのまま日本の株価にも影響されるわけです。

※ニューヨーク証券取引所の時価総額は14年6月末時点(1ドル=102.9円で円換算)
関連キーワード
NYダウ
日経平均
25.アメリカのNYダウで株価は動く

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    SBI証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 人気NO1!利用者数も300万口座
    • NISA口座開設数断トツの50万口座を獲得
    • セミナーも充実しており、他社を圧倒する本数、20代女性を意識したセミナーが豊富
    • 株式初心者向けの投資基礎講座などのコンテンツも充実
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    カブドットコム証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 三菱UFJグループだからこその安心感とサポート体制
    • 50歳以上を対象とした「シニア割引」や、女性を対象とした「女子割」が好評
    • 手数料無料の投資信託が200本以上、投資信託の安さはピカイチ
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    ライブスター証券のチャート
    初心者おすすめポイント
    • 画面がシンプルで、高齢者や初心者でも使いやすい
    • 操作方法が分からなくても、毎月セミナーで株式の売買の仕方を徹底レクチャー
    • 1回単位の取引手数料で>驚異的な安さ現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円