22.政治・国際情勢で株価が動く

ひとこと解説
  • 戦争や紛争などによって影響を受ける(例、クリミア併合、米同時多発テロなど)
  • 経済情勢の変化などによって影響を受ける(例、リーマンショック、東日本大震災など)
詳しく解説
 政治や国際情勢は、一見すると株価に関係ないと思われがちですが、国際情勢の変化により株価は大きく左右されます。最近ではロシアがウクライナのクリミア地域を併合したことをきっかけに、国際情勢が悪化し、株価は下落しました。他にも、シリア情勢、イラク情勢の悪化などによっても株価は大きく動いた過去もあり、国際情勢を無視することはできません。
 この主な理由は、経済が世界中でつながっているからです。日本の場合、石油資源の多くを中東に頼っています。その中東で紛争が起こった場合、その資源を輸入する日本の経済に対して大きな影響を及ぼす可能性が高まるのです。
 過去には2001年の9月11日にアメリカで同時多発テロ事件が発生したことにより、株価は大きく下落しました。この事件は、世界の金融の中心地であるニューヨークで発生したことから、NYダウは大きく値を下げました。また、これを受け翌日(日本時間12日)の日経平均株価は600円を超える下落幅を記録しました。

経済情勢の変化によって影響を受ける

 経済情勢の変化によっても株価は影響を受けます。最近の事例では、2011年の3月11日に東日本大震災が発生により大きな影響を株式市場は受けました。この時は、民主党の対応の遅れなども影響し、東京電力(9501)で原発事故による放射能漏れが起こりました。この影響によって、3月15日には日経平均株価は前日比1015円下落の8605円で取引を終えています。東日本大震災は日本の事象でしたが、情勢の変化によって株価は影響を受けますので、世界を動かす大きな出来事については注意しましょう。
 以下の表に2000年以降で、地政学リスクの悪化により株価に影響を与えた主な出来事についてまとめましたので株式売買のご参考にしてください。
過去に株価に影響を与えた出来事
2014年2月ロシアのクリミア併合
2013年9月シリア情勢の悪化
2010年5月ギリシャショック
2011年3月東日本大震災
2008年9月リーマンショック
2001年9月米同時多発テロ
関連キーワード
政治
国際情勢
株価
22.政治・国際情勢で株価が動く

口座を準備しよう!おすすめネット証券会社特集

株式投資をするにはまず取引を行う証券会社の口座を開設する必要があります。初心者としては証券会社選びも一苦労ですよね。あなたの投資スタイルや取引額にあわせた証券会社を選ぶことで、手数料がお得になったり、スムーズに取引ができたりと様々なメリットがあるのです。
初心者におすすめの証券会社をピックアップしましたので、初心者に嬉しいポイントとともにいくつかご紹介します。

  • 人気・総合力NO.1!SBI証券
    初心者おすすめポイント
    • 人気NO1!利用者数も300万口座
    • NISA口座開設数断トツの50万口座を獲得
    • セミナーも充実しており、他社を圧倒する本数、20代女性を意識したセミナーが豊富
    • 株式初心者向けの投資基礎講座などのコンテンツも充実
  • 万全のサポート体制!カブドットコム証券
    初心者おすすめポイント
    • 三菱UFJグループだからこその安心感とサポート体制
    • 50歳以上を対象とした「シニア割引」や、女性を対象とした「女子割」が好評
    • 手数料無料の投資信託が200本以上、投資信託の安さはピカイチ
  • 手数料で選ぶなら!ライブスター証券
    初心者おすすめポイント
    • 画面がシンプルで、高齢者や初心者でも使いやすい
    • 操作方法が分からなくても、毎月セミナーで株式の売買の仕方を徹底レクチャー
    • 1回単位の取引手数料で驚異的な安さ現物の約定代金別が10万以下ならなんと税別80円

ページTOPへ